ltas56のブログ

就業場所の介護

あらし‼️

No.35

こんばんは🤓

冬時間は、利用者さんが不安になることが多い😥

特に月曜日。

土日にモヤモヤしていたことが不安になって、早く解決したいから電話をかけてくるのだろうか❓😵💦

「自分が本人だったら❓🤔」と考えてみたら、そういう答えに至った😅

それが、1人、2人ではなく数人から連絡があり対応する。

沢山の電話があって、その都度対応して利用者さんの安心につながる☺️💦

今日はまるで「嵐」のようだった😵💦

でもね、「また、今月中に伺うよ」と伝えた時の相手の笑顔を見ると大変さなんて吹っ飛ぶ‼️🤩

不思議だ😌

ケアマネの立場じゃなく、今度はケアする立場でお会いしたい😊

だって、利用者さんと会える回数が増えるから☺️

 

今日、ふと思ったこと🤔

人財不足はどこでも共通の悩み。

・人不足の為の緊急時対応スタッフ要員としてフリーランスで働く。

・どこの事業所でも、その日の人不足の声がかかれば対応する。

・スポットでサービス提供する要員。

つまり、「自由に動ける介護スタッフ」💡

これは、派遣とはまたちょっと違う発想。

派遣の場合は、ある一定の期間、1つの事業所に努めることになるけど、その期間はその事業所は人不足を考える必要がなくなる。

雇用してる期間中に新たに人財を採用する動きになる。

でも、なんか勿体無いって思った。

他にも手伝って欲しい事業所はあるはず😳

そこで、思いついたのがさっきの方法🧐

どこにも所属しない「フリーな存在」🌏

これが、実現できれば利用者さんの希望、要望に応えられると思う😅

まだ、考えている段階だから形になるのはまだまだ先の話…。

さて、長くなってしまいましたがこれからはもっと、柔軟な対応、利用者さんの思いを形にできる事業所が生き残っていくと思う⛅️

色々考えて来た中で、今回考えた内容については前からなんとなく考えていたこと。

考え方が少し決まってきたので、今日は少し文字におこしてみました😌

ありがとうございます😊

#嵐が過ぎ去った後

#介護に戻る

#フリーランス

#新しいことを考える

※この中に四つ葉があります🍀

探して見つけてみてください💡

「幸せになれる」と聞いてます🤓

f:id:jun156:20180115221042j:image